赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

MENU

2028年に小惑星が地球に衝突!?人類滅亡説まとめ

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190612221102j:plain

 

人類滅亡説はいつの時代にも存在します。

人類滅亡説は毎年恒例のように語られていますが、実は強ち間違いではないのです。

人類が滅亡するシナリオはいくつも用意されているのです。

 

 

今回はそんな人類滅亡となる要因をいくつかご紹介致します。

 

隕石

f:id:ak6ark:20190612221145j:plain

 

2028年に【1997XF11】という小惑星が地球に接近することが分かっています。

これがもし地球にぶつかってしまうとゲームオーバーになると言われている。

 

記憶に新しいのが2013年のロシアの隕石事件、直径15メートルの隕石が空中分解して降り注ぎ、千人ほどのけが人を出しました。

これが空中分解しなかったらと思うと少しゾットしますが、直径15メートルでこれだけの被害ですから、2028年【1997XF11】という小惑星ぶつかったら・・・終焉は近いかもしれませんね。

 

さらに、アメリカの先住民族「ホピ族」にはこんな予言が伝わっています。

天国の住居が地球に衝突する。その時、ホピ族の儀式は終わる」

※ホピ族とは、先祖代々から予言を継承しているアメリカの先住民族。

ただ、NASAによると今後地球が消滅するほどの隕石や小惑星がぶつかることはないそうです。

火山噴火

f:id:ak6ark:20190612221438j:plain

 

ただし、ただの火山ではありません。いわゆるスーパーボルケーノです。

世界にはただの火山ではなく巨大な火山が存在しています。それがスーパーボルケーノ。

有名なスーパーボルケーノ一覧

 

  • アメリカのイエローストーン
  • イタリアのセージア渓谷
  • インドネシアのトバ火山
  • ニュージーランドのタポ
  • 韓国のシャッキー海台
  • ソロモン諸島のオントンジャワ海台
  • 日本の硫黄島

 

これらが本気で噴火すると、その地域は破滅的な被害を受けます。

また、気候変動などによって地球全体にも影響が及び、人間が住めない環境になってしまうかもしれないと言われています。

とくに、アメリカのイエローストーンが噴火すると、太陽の光を遮断するほどの影響が及ぶと言われています。

地球温暖化

f:id:ak6ark:20190612221559j:plain

 

都市伝説だ!などと言われているが、温度が上昇しているのは事実らしい。

このまま温度が上昇し続けると確実に地球は滅亡すると言われています。

地球温暖化の影響ですでに15万人が亡くなっていると言うが、明確な死因や原因は確認できていない。

地球温暖化は主に人類が原因とされていますが、実は地球が人類を滅ぼすシナリオも用意されているのです。

※地球が人類を滅ぼすシナリオについてはコチラの記事をご覧ください。

 

AI

f:id:ak6ark:20190612221730p:plain

 

AIについてはスティーブンホーキンズ、イーロンマスクなども警鐘を鳴らしている。

AIの危険性についてはコチラの記事をチェック!

核戦争

f:id:ak6ark:20190612221937p:plain

 

隕石や温暖化よりは、最もあり得る終焉シナリオだ。

あるチームが、インドとパキスタンで核戦争が行われた場合のシミュレーションをしました。

最終的な結果は、様々な理由から世界で20億人が食料に困ってしまうという報告になりました。

ただ、このシミュレーションはインドとパキスタンという小さい規模の話です。もしアメリカやロシアなどが本気を出したら被害規模は何十倍にもなるだろう。

特に、ロシアが所有する【ツァーリボンバー】という世界最大の核爆弾が使用されたら、被害の規模は計り知れない。

まとめ

ここまで5つの終焉シナリオを紹介しましたが、正直これらが起こるとは限らないので、あまり悲観的に捉えなくていいと思います。

核戦争に対しては怖いですが「人類滅亡」などのネットの情報などに踊らされ、あれこれと考える前に今すべきことを優先的に生きていったほうがいいかもしれませんね。