赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

メニュー

必ず訪れる人類滅亡のシナリオ5選まとめ|地球温暖化によって生物の大量絶滅が起こる根拠

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190612221102j:plain

 

これまでの歴史上、生物の大量絶滅は少なくとも8回は起きている。人類が誕生してからは未だ確認されていないが、人類の滅亡は必ず起こると言われている。

 

人類滅亡説は毎年恒例のように語られていますが、実はあながち間違いではないのです。実際、人類が滅亡するシナリオはいくつも用意されているのです。

 

 

今回はそんな人類滅亡となる要因をいくつかご紹介致します。

 

隕石の衝突による環境変化

f:id:ak6ark:20190612221145j:plain

 

2028年に【1997XF11】という小惑星が地球に接近することが分かっています。これがもし地球にぶつかってしまうとゲームオーバーになると言われている。

 

記憶に新しいのが2013年のロシアの隕石事故、直径15メートルの隕石が空中分解して降り注ぎ千人ほどのけが人を出しました。

 

これは空中分解した一部ですが、もし空中分解しなかったらと思うと少しゾッとしますね。ちなみに、直径30~40メートルの隕石が地球に直撃すると、20キロ四方が焼野原になる。これは広島原爆の100倍から1000倍の破壊力があるという。

 

そして、2028年に来る【1997XF11】という小惑星の大きさは、なんと1.54kmにもなる。この天体ぶつかったら・・・終焉は近いかもしれませんね。

 

ただ、現在では隕石の軌道を逸らす研究がいくつもの研究機関で行われているため、この終焉シナリオは高い確率で回避する事が可能になるだろう。また、NASAも今後地球が消滅するほどの隕石や小惑星がぶつかることはない。と言っている。

 

最後に、恐怖を煽るわけではないが、アメリカの先住民族「ホピ族」にはこんな予言が伝わっています。「天国の住居が地球に衝突する。その時、ホピ族の儀式は終わる」※ホピ族とは、先祖代々から予言を継承しているアメリカの先住民族。

 

火山噴火による地球温暖化

f:id:ak6ark:20190612221438j:plain

 

ただし、ただの火山ではありません。いわゆるスーパーボルケーノです。世界にはただの火山ではなく巨大な火山が存在しています。それがスーパーボルケーノ。以下、有名なスーパーボルケーノ:一覧

 

  • アメリカのイエローストーン
  • イタリアのセージア渓谷
  • インドネシアのトバ火山
  • ニュージーランドのタポ
  • 韓国のシャッキー海台
  • ソロモン諸島のオントンジャワ海台
  • 日本の硫黄島

 

実は約2億5100万年前、「ペルム紀末」と称される時代に生物の大量絶滅が起っています。ペルム紀末の原因は、このような巨火山の噴火で大量のCo2が排出され、一気に地球温暖化が促進され海底にあるメタンハイドレードまで気化してしった事が起因します。

 

メタンハイドレードは温度が上がれば気化してメタンガスになりますが、このメタンガスが酸素と結合してしまい酸素濃度が一気に低下、全生物のおよそ95%~96%が絶滅してしまったというのです。

 

近年では、1991年にフィリピンにあるピナツボ火山が大噴火を起こし大気圏にばらまかれた火山灰が日光を遮り、地球の大気気温を2度下げたことがありました。※この年は日本でも「変態的な夏」と言われた年でした。

 

ピナツボ火山の例はまだ可愛いですが、上記のアメリカのイエローストーン国立公園の真下にある火山の規模はピナツボ火山の約100倍です。

 

そして、このイエローストーンの火山はおよそ60万年の周期で大噴火を起こしており、実は前回の大噴火から既に60万年を過ぎています。つまり、イエローストーンの火山は「いつ大噴火してもおかしくない」と言われているのです。

 

イエローストーンが大噴火を起こしたら、まさに「人類絶滅」が訪れるでしょう。これは大自然のなせることですので人間が防げるような物ではありません。諦めましょう。

 

地球温暖化と寒冷化よる影響

f:id:ak6ark:20190612221559j:plain

 

都市伝説だ!などと言われているが、温度が上昇しているのは事実。このまま温度が上昇し続けると確実に地球は滅亡すると言われています。地球温暖化の影響ですでに15万人が亡くなっていると言われているが、明確な死因や原因は確認できていない。

 

また、地球の歴史を10万年単位で遡ると、地球は温暖化と寒冷化をこれまでに何度も繰り返している。よって、人類滅亡の直接的な原因にはならないが地球温暖化や寒冷化が起因して人類が滅亡する事は十分あり得る。

 

地球温暖化は主に人類が原因とされていますが、実は地球自身が人類を滅ぼすシナリオも用意されているのです。※地球が人類を滅ぼすシナリオについては【地球にとって人類は害悪だった?】をご覧ください。

 

AIの知識爆発「シンギュラリティ」

f:id:ak6ark:20190612221730p:plain

 

AIについてはスティーブンホーキンズ、イーロンマスクなども警鐘を鳴らしている※AIの危険性については【人類を追い越すテクノロジー】をご覧ください。

 

核戦争によって地球環境が悪化

f:id:ak6ark:20190612221937p:plain

 

隕石や温暖化よりは最もあり得る終焉シナリオだ。あるチームが、インドとパキスタンで核戦争が行われた場合のシミュレーションをしました。最終的な結果、様々な理由から世界で20億人が食料に困ってしまうという結果となった。

 

ただ、このシミュレーションはインドとパキスタンという小さい規模の話です。もしアメリカやロシアなどが本気を出したら被害規模は何十、何百倍にもなるだろう。特にロシアが所有する【ツァーリボンバー:爆弾の皇帝】という世界最大の核爆弾が使用されたら被害の規模は計り知れない。

 

ちなみに、ツァーリボンバーはロシアで1954年~1961年の間に開発された。ツァーリボンバーは世界最大の核爆弾で、爆発力は約58メガトン。1961年に爆発実験が行われたが、その規模は広島に落とされた原爆を優に超えていた。この実験はツァーリボンバーの半分以下のサイズで行われたが、実際のツァーリボンバーが爆発すれば広島原爆の3,300倍にも及ぶという。

 

ツァーリボンバーのサイズは開発当時は非常に大きかった為、実戦向きではなかったと言われている。ただしかし、最近になってロシアはツァーリボンバー級(100メガトン級)の核爆弾を搭載できる無人潜水艇を開発したとの情報がリークされた。もしかすると、巨大な核爆弾はすぐ近くに存在しているのかもしれない。

 

まとめ

ここまで5つの終焉シナリオを紹介しましたが、正直これらが起こるとは限らないので、あまり悲観的に捉えなくていいと思います。核戦争に関しては十分ありえるシナリオですが、「人類滅亡」などのネットの情報などに踊らされ、あれこれと考える前に今すべきことを優先的に考え生きていったほうがいいかもしれませんね。