赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

メニュー

謎の天体「月」とは|月の都市伝説から紐解く月の正体

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190619135627j:plain

 

何気なく見ている月ですが、実はかなり不思議な物とされています。月が存在している事の説明より、存在していない事の方が説明しやすいとも言われています。

 

 

今回はそんな月について都市伝説を交えながらご紹介致します。

 

謎の天体「月」とは

一般的に月とは地球の唯一の「衛星」であるとされています。ちなみに衛星とは、惑星の周りを回る天体の事です。ただ実はこの月がなぜ存在するのか、どのように誕生したのかは未だにわかっていないのです。

 

月の謎について

月には多くの謎が存在する。そんな中でも有名なものをいくつかご紹介致します。

 

その①月の大きさ

月の大きさは地球の約8分の1程度だが、地球の大きさに対して月の大きさはあまりにも大きすぎるという。太陽系にはいくつか衛星が存在しますが、他の惑星の衛星と比べてもあまりにも大きすぎると言うのだ。

 

その②月の公転周期と自転周期

月の自習周期と公転周期が完璧に一致しているため、地球からはいつも同じ面しか見えない。かなり不思議な現象だが、実はこれは木星の衛星でも確認されている。

 

その③月のクレーター

月のクレーターの数が異常とされています。また、クレーターは隕石などが衝突してできるのだが、月のクレーターはあまりにも浅すぎるという。どんなに巨大なクレーターでも深さ約6キロ程が限界だと言われている。

 

その④月の皆既日食

日食には、太陽全体が見えなくなる皆既日食、太陽が輪っかのように見える金環日食、太陽の一部が欠けて見える部分日食がありますが、月で太陽の光を完璧に隠す「皆既日食」は偶然にしてはあまりにも正確すぎる現象と言われている。そもそも皆既日食は天文学的にも謎が多く説明ができない現象とされている。

 

その⑤月の密度

通常は重い成分が中心部に集まって軽い成分が表面に出るのだが、なぜか月は内部の方が密度が低く表面の方が密度が高いという。

 

その⑥謎の建造物

月の表面にピラミッドやドーム、タワーなどの謎の建造物らしきものが確認されている。2019年には中国の月面調査機が「謎のゲル状の物」まで月面で発見回収している。(後に中国はこれをセメント化した角礫岩だったと発表している)

 

その⑦月に異質な物体

NASAと大学の研究チームが月の内部に約200兆トンの謎の異質な金属成分があると発表している。

 

月はどうやって誕生したのか

月がどうやって誕生したのかは謎ですが、今までに4つの仮説が存在しています。

 

親子分裂説

地球が誕生した時に一部が欠けて月になった。

 

捕獲説

違うところで誕生した月がたまたま地球の重力に捕らえられた。

 

双子説

太陽系ができたときに、地球と一緒に誕生した。

 

巨大衝突説(ジャイアントインパクト説)

地球が誕生した頃、火星ぐらいの大きさの星がぶつかり、欠けた地球の一部が次第に集まって月ができた。

 

ただ、これらの仮説は現在ではほとんどが否定さている。月の石を調べてみると、月の年齢は地球よりも古いという結果になったのだ。また、月の大きさや軌道を考えても漂っていた月が地球の衛星になることはありえないと言われている。

 

月は人工天体だった

実はもう一つ仮説が存在します。それが、月は人工天体説。月の内部は空洞で、そこには高度な文明の宇宙人がたくさん存在している。という仮説です。これはもっとも都市伝説に近い仮説だが、さきほどの謎を含めてもほとんどの辻褄が合う。

 

もちろん宇宙人の存在は確認されていないが、実際、月の内部に空洞が存在する事はほぼ確実だと言われている。「空洞が存在する天体は存在しない」というのが定説となっている為、内部に空洞が存在する月が異常な天体であることは間違いないだろう。

 

月には生物が存在している

また、アメリカの元CIA職員である「ジョン・リア」という人物によると、月に人が生息しているのは確実だという。ジョンによると、地球から月の生物や建造物が確認できないのは、プロジェクションにより月の表面が隠されているからだという。

 

確かな証拠は一切ないが、ジョン曰く、月には大気があり呼吸が可能だと言う。また、月には工業施設や住居、道路などまでもが存在しており、既に20億~30億人が生息しているのではないかと推測している。

 

月で発見された生物とは

アポロ計画は11号から始まり、1972年の17号まで行われてきました。ですが、実はその後もアポロは月へ行っていたという都市伝説が存在する。それが、アポロ19号とアポロ20号計画。

 

これは、アポロ15号が月面調査時に宇宙船らしき物を発見したという報告から、その調査のための秘密の計画だったと言われています。そしてなんと、このアポロ20号の月面調査時に「宇宙人のミイラ」らしき物を発見していたというのです。

 

それがテレビ番組などでも公開された「東洋のモナリザ」。日本では「かぐや姫」と呼ばれている宇宙人のミイラです。確かに、宇宙人のミイラ含めこの都市伝説はかなり嘘くさいですが、ただ、実際にアポロ計画のデータを管理していた人物によると、月には6種類の宇宙人が存在する。との証言も存在しています。また、NASAなどはこれらの異常を確認しているが、公には公表していないとまで証言している。

 

まとめ

実際に宇宙人が存在するかはわかりませんが、月があまりにも大きすぎる、古すぎる、軽すぎるのは事実です。これから技術が進歩しさらに解明されていくと思いますが、個人的には月についてはあまり解明されてほしくないと思っています。謎に包まれたままこれからもおとぎ話の象徴とした存在であってほしいと願っています。