赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

メニュー

科学的に説明できない世界のオーパーツ9選|オーパーツに共通する黄金比「フィボナッチ数」の謎

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190812191943j:plain

 

オーパーツとは、それが発見された場所や時代とは相応しくないと考えられるモノの事です。

 

このような、いつどこで、どうやって、どのように、何のために創られたかがわかならいモノは実は世界のあちこちで発見されている。

 

 

今回はそんなオーパーツについてご紹介致します。

 

ナスカの地上絵

f:id:ak6ark:20190812192038j:plain

※画像引用元はコチラ

 

ペルーにある世界最大のオーパーツ。おそらく1400年~2000年前に描かれたと言われている。人間や動物、魚や鳥などが描かれていて、ほとんどが空からでないと全体像を把握できない。

 

単なる図形などを合わせると1000種類以上の絵が確認されている。雨乞い説やカレンダー説、また宇宙人の滑走路説などが存在するが、誰がどのようにこのような巨大な絵を描いたのかは今も謎が残る。

 

ピーリー・レイースの地図

f:id:ak6ark:20190812192132j:plain

※画像引用元はコチラ

 

1929年、トルコで発見された地図。1513年にピーリー・レイース提督によって制作された地図。この地図には、当時ではありえない南極大陸が描かれていた。

 

南極大陸が発見されたのは1820年頃なので、この地図が描かれたとされる1513年にはありえないモノとされている。ただ、見方によっては大陸を折り曲げて描いただけにも見える。※南極大陸については【南極の都市伝説!南極大陸について】の記事をご覧ください。

 

クリスタルスカル

f:id:ak6ark:20190812192219p:plain

※画像引用元はコチラ

 

アメリカ先住民の伝説によれば、世界には全部で13個クリスタルスカルが存在すると言われている。さらに、13個のクリスタルスカルをある法則で並べると宇宙の記憶や人類の起源、大いなる英知を手にする事ができると言われている。

 

ただ、現在発見されているクリスタルスカルは、残念ながらほとんどが偽物とされている。誰がこのような偽物を作ったかは不明だが、現在発見されているクリスタルスカルは、スカルの謎を知る人物が秘密を守るために仕掛けたダミーだという。

 

バルト海のUFO

f:id:ak6ark:20190812192307j:plain

※画像引用元はコチラ

 

2011年にダイビングチームが発見した謎の円盤。この物体は未だに解明されていないのだが、この物体の近くでは電子機器に障害が起きるという。

 

形がUFOに似ている事もあり、地球外のモノではないかと噂されている。ただ、ある地質学者によるとこれは地形変動の跡だという説も存在する。

 

ヴォイニッチ手稿

f:id:ak6ark:20190812192348j:plain

※画像引用元はコチラ

 

1912年、ウィルフリッド・ヴォイニッチという古書収集家がイタリアの本屋でいくつかの古書を買い漁っていた。その中に紛れていたのがこの「ヴォイニッチ手稿」だ。年代測定の結果、この本は約1404年~1438年辺りに書かれた物だとされている。

 

この不思議な古文書には、奇妙な絵と謎の文字が全240ページに渡って書かれていた。謎の文字・星座らしき絵・裸の女性の絵・円形の図形などが描かれているが、ほとんどのページに植物らしき物が描かれている。その数約100種類。ただ、現存する植物に類似点はまったくないという。※少なくとも28ページは劣化の為、欠落している。

 

古書収集家だったヴォイニッチは生涯を掛けて解読を試みたが、志半ばで亡くなってしまう。その後は、多くの暗号学者や言語学者達が解読を試みたが、未だになにも解読されていない。

 

あまりにも理解できないので、子供のいたずらかでたらめだと思われているが、ある一定の法則で文章が書かれていたり、なぜか章訳されている事からも、なにかしらの意味があるとされている。

 

パラカス・スカル

※画像引用元はコチラ

 

1928年、考古学者の「フリオ・テロ」が、ペルー南部のピスコ州近郊にあるパラカス半島の砂漠地帯にある共同墓地を発掘中に、いくつかの長頭の頭蓋骨を発見した。解析の結果、この頭蓋骨は約3000年前のものとみられ、頭蓋骨の持ち主はヨーロッパおよびメソポタミア周辺(シリア)出身者である事がわかった。パラカス半島で発見された事から、後にこの頭蓋骨は「パラカス・スカル」と呼ばれるようになる。

 

2015年、ペルー政府との共同研究で、 パラカス・スカルの容積が従来の人間と比較して25%大きく、 重量も60%重く、さらには、構造的にも人間の頭蓋骨と大きな相違点がある事がわかった。その後、2018年、パラカス・スカルに対する最新のDNA解析が行われた。DNA検査の結果は実に複雑だったという。

 

解析の結果、95%が霊長類、 残る5%は人間の遺伝構造と似ているが、ほとんどが未知だと判明する。DNA検査の結果、このスカルのDNAにはいろいろな人種が混ざっており、ある意味で「人間の亜種」だという事が判明した。人間と似ているが人間ではなく、“異人類”と呼ぶべき存在であることがわかったのだ。 

 

さらに、2020年には新たなDNA検査でパラカス・スカルから未知の遺伝子情報が見つかった。これらの研究結果から、パラカス・スカルはホモ・サピエンス由来の人間ではない。 という研究結果となった。つまり、パラカス・スカルは旧人類や現生人類亜種などの「異人類」とは異なる種だったことが明らかになったのだ。もちろん「異星人」と証明された訳ではないが、このパラカス・スカルは異星人の可能性が極めて高いという事になる。

 

とはいえ、パラカスの頭蓋骨をDNA検査したという他の研究チームは、「この長く変形した頭蓋骨は、遺伝子の異常で先天的に生まれてきた人類の亜種」だと結論付けている。また、世の中には特質した身体の一部を権力の象徴として崇める部族なども存在しているが、ある研究者はパラカス・スカルもその類なのではないかと考えている。まだまだ謎が多い頭蓋骨だが、研究は引き続き行われている。

 

グアテマラの巨石人頭像

f:id:ak6ark:20190812192430j:plain

※画像引用元はコチラ

 

1950年代、グアテマラのジャングルで発見された巨大な顔像。※現在では破壊され跡形も残っていない。

 

この顔像の不思議な所は顔のモデルがわかっていないというところだ。当時の原住民の顔とはまったく異なっている事から、原住民が移り住むよりもっと昔から存在していた物だと思われている。中にはアトランティス文明のものではないかと主張する研究者も存在している。

 

ロズウェルロック

f:id:ak6ark:20220114015933j:plain

 

2004年9月4日、あの有名なロズウェル墜落現場から18㎞離れた砂漠で発見された石。三角形の形をしたこの石には不思議な模様が掘られていて、なぜか磁気を帯びていた。

 

単純に誰かのイタズラかと思われたが、この石の模様が研究者の間で話題となった。実は、この石と同じ模様が、1996年のイギリスのミステリーサークルで確認されていたのだ。

 

もちろん研究者は1996年のイギリスのミステリーサークルを模して作られたのでは?と考えたが、様々な研究の結果、この石を人工的に作製することは不可能であるという結果となった。

 

この石については様々な説が存在するが、現在では石が磁気を帯びている事からも、「宇宙人からのメッセージ説」が有力となっている。

 

コロンビアの黄金ジェット

f:id:ak6ark:20190812192519j:plain

※画像引用元はコチラ

 

コロンビアの古代遺跡で発見された黄金の工芸品。直径は約5センチほどで、西暦500~800年頃のプレ・インカ時代につくられたものだと考えられている。

 

当初は鳥や昆虫をモチーフにした工芸品と考えられていたのだが、学者が詳しく調査してみると航空力学に基づいた飛行機をモデルにしている事がわかった。

 

実際に同じ模型を作ってみると見事に飛んだという。西暦500~800年頃に飛行技術はもちろん存在しないので、かなりの謎が残る事になる。※ただ、この模型は「翼の幅を大きくして」作られていたため、黄金ジェットの忠実な模型とは呼べないという。

 

まとめ

世界中のいくつかの遺跡を線で繋げると一直線になると言います。さらに、いくつかの遺跡やオーパーツには共通して「渦巻模様」が描かれています。これは自然に存在する黄金比「フィボナッチ数」だと言いますが、時代や場所が異なった遺跡や建造物になぜかこのような共通点が存在するのです。

 

これらの事から推測すると、もしかすると遺跡やオーパーツを創ったのは同じ創造主なのかもしれませんね。