赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

MENU

日本の秘密結社「八咫烏」の真実!裏天皇の実態とは!?

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190725180556j:plain

 

日本には八咫烏という組織が存在する。

その歴史はフリーメイソンよりも古く、イルミナティよりも謎が多い。

何者でもない彼らは、どんな活動をしているのか?本当に存在しているのか?

 

 

今回はそんな日本の秘密組織「八咫烏」についてご紹介致します。

 

八咫烏とは?

まず、一般的に知られている八咫烏と言えば、古事記に登場する天照大御神が遣わした三本足の伝説の大カラスです。

古事記によると、初代天皇が東征する際、和歌山から奈良へ抜ける道を案内したとされています。

 

ちなみに、案内を終えた八咫烏は、和歌山の地に戻り石に姿をかえて休んでいると言い伝えられています。

この神話が事実かどうかは不明だが、実際に現在でも和歌山県の熊野那智大社には「烏石」という「八咫烏が姿を変えた石」が境内に存在します。

日本代表のシンボル

f:id:ak6ark:20190725181106j:plain

※画像引用元:日本サッカー協会(JFA)

 

古事記の伝説から八咫烏は「導きの神」として信仰されている。

サッカー日本代表のシンボルにも八咫烏のロゴが採用されているのは、初めて日本にサッカーを紹介、普及した人物「中村覚之助」が和歌山県出身者であった事以外にも、八咫烏に込められた意から「勝利を導く、ボールをゴールに導く」という意味が込められているのです。

八咫烏の三本足

まず八咫烏の「咫」は、昔の長さの単位でした。正確な長さは不明ですが、とにかく「八咫」とは大きく広いという意味になります。

そして八咫烏の三本の足にはそれぞれ意味があります。

天(神様)・地(大地)・人(人間)となり、これらを司る意味があるといわれています。

ニュアンス的には「支配」ではなく「支える」存在ということなのでしょう。

闇組織「八咫烏」

f:id:ak6ark:20190725181445j:plain

この古事記に登場した「八咫烏」が由来になっているかは不明ですが、天皇には古くから「八咫烏」という秘密組織がついていると噂されています。

正式名称は、八咫烏陰陽道。

一説では、第45代天皇「聖武天皇」の時期である700年代に結成された組織とされている。

八咫烏の目的は、天皇家を継承する事。知識や思想を後世に伝承する事を目的にしている。日本の思想の支柱である神道、神と繋がる唯一の存在「天皇」を守る事が務めとされています。

もし日本の天皇家に何かあった場合には、天皇制度に代わる計画などもあるという。

有事の際に国を守る教育をされている組織が「八咫烏」という事になります。

 

組織構成

八咫烏という組織は、最高位の「大烏(通称:三羽鳥)」と呼ばれる実質的指導者3名、中核組織の「十二鳥」と呼ばれる12名で構成されています。

その他にも何十名かいると言われていますが、詳細は不明。

大鳥は三位一体で「金鵄」とよばれ、その影響力は「裏天皇」とも呼ばれるほどだという。

ちなみに、一度八咫烏に入ると一生メンバーとして活動する事が掟とされているという。

八咫烏の仕事

表の仕事をするのが「天皇」であって、裏の仕事をするのがこの八咫烏と言われています。

物騒な事を想像しているようですが、現代ではそんな事はないという。

具体的な仕事内容は、政治活動、文筆活動、メディア露出、宮司などだそうです。これらを通して宗教的サポート、天皇のサポート、国家安泰に注力している存在なのだという。

この事から、八咫烏には、神道、仏教、陰陽道、政治、経済、科学などの幅広い知識に長けた人物が揃っていると言われている。

参加するには?

八咫烏のメンバーになる方法は不明です。身内などの身近な人物に限られる。などの噂もありますが詳細は不明。「八咫烏になると戸籍がなくなる」なんて話もあるくらいですから、一般人が参加できるような組織ではないと考えられます。

 

ですが、逆に考えると戸籍がなくなれば八咫烏のメンバーになれるチャンスがあるわけです。

もしかすると、昔の日本の神隠しや天狗隠しと呼ばれる現象はこの八咫烏によるリクルートだったのかもしれません。※神隠しについてはコチラの記事をご確認ください。

実際、ある一説では昔の忍者や天狗もこの八咫烏ではないのか?と言われています。

ちなみに、現在戸籍のない日本人は1万人以上いるそうです。

まとめ

昔の天狗や忍者が八咫烏だったとしたら妙に納得できる。天狗は神域を守る存在ですし、忍者は雇われる傭兵ではなく、陰で国を導いていた存在だったのかもしれません。

情報があまりにも少ないので戦乱の世などに八咫烏がどういった事を行っていたかはわかりませんが、現代では想像されるような物騒な活動は行っておらず、一般社会に溶け込んでいるようです。

これは空想ですが、八咫烏の資金源は徳川財宝、M資金、山下財宝などの戦乱の世に失われたとされる財宝などではないかと思っています。

ちなみに、八咫烏になると「戸籍がなくなる」と言いましたが、現在ではこの「戸籍がなくなる」という風習はないそうです。一説では、八咫烏の思想に近い人物には誘いが来る。などという噂も存在します。もしかすると、テレビで見るような有名な政治家や評論家などにも八咫烏のメンバーがいるかもしれません。