赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

MENU

エジソンの豆電球を鼻で笑った天才ニコラ・テスラとは?

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190611200538j:plain

 

発明家といえばエジソンだが、実は違う。

 

 

今回はエジソンを超える天才ニコラ・テスラについてご紹介致します。

 

ニコラ・テスラとは?

 

f:id:ak6ark:20190611200646j:plain

 

1856年にクロアチアで生まれ、19世紀中期から20世紀中期の発明家である。

テスラが発明した有名な物と言えば、

  • 交流電流
  • ラジオ
  • 電動モーター
  • 無線操縦
  • レントゲン

などがある。

 

彼は子供の頃から幻影に悩まされていたらしく、幻覚や幻聴がいつもどこからか聞こえてきた。そのイメージは現実かわからなくなるほどのものだったという。

ただ、この精神障害は彼にとってプラスに働いたという。

彼が大人になって研究を始めると、なんと想像を3Dで目の前に具現化できるようになっていたという。

エジソンとの出会い

f:id:ak6ark:20190611200851j:plain

 

大人になったテスラは、28歳の時にアメリカに移住。

そしてあのエジソンの電力会社で働き始めた。

ただ、この決断は間違っていた。

エジソンの会社は、直流電流を推進していたが、テスラは、交流電流を研究していたのだ。

よってエジソンとテスラはぶつかり合ったのだが、ナイアガラの滝を利用した発電プロジェクトで、テスラの交流電流が認められた。

そして結果的には交流電流が今の世の中に広まったのだ。

エジソンについて

エジソンは教科書にも大きく掲載されているほどの有名な人物だが、現在ではエジソンはたいした人物ではないと言われているのだ。

エジソンは、他人のアイデアを盗んだり、勝手に特許を取得したりと、金儲けと名誉のことばかりを考えていたという。

実際、エジソンは電球を発明した。とされているが、本当はエジソンの前に二人の人物が先に発明していた。

エジソンはいち早く電球を形にして世に広めた人物なのだ。

ニコラ・テスラの研究

テスラはその後、エジソンの元を離れて研究を始める。

そして1991年、彼はとんでもないものを発明しようとした。

それが「世界システム」。

f:id:ak6ark:20190611201243j:plain

世界システムとは、地球そのものを胴体として太陽と地球のエネルギーを利用した電気発生装置である。

世界システムは、無線で地球のどこにでも電気を発生させることが可能だった。

しかも無料で無限だと言われていた。

これが、テスラの「フリーエネルギー」というものだ。

 

これが実現したら、石炭や石油に頼ることがなくなり、環境にも人類にも多大な影響を与えるとされていた。

ただ、この発明は資金問題や環境問題が理由で頓挫してしまった。

結局テスラの「世界システム」は完成する事はなかった。 

 

なぜ世界システムは完成しないのか?

これが完成したら困る人がいるのだ。

エリート達が所有する石油や石炭は莫大な利益になっている。

世界システムが完成してしまったら、エネルギー産業が大きく変えわってしまうというわけだ。

結局、テスラのプロジェクトは終わった。

しかもテスラの研究所は謎の火事が起こり、資料が燃やされたと言われている。

そしてテスラはあまり評価されることなく、86歳で亡くなった。

テスラの研究は終わっていなかった?

実は、テスラの研究は終わっていなかった。

なんと、テスラの研究資料がFBIによって持ち出されていたというのだ。

その資料を元に政府は様々な物を作っているという。

そのうちの一つが「HAARP」です。

HAARPとは、天候を自由に操ったり地震を起こす事ができるとされる兵器です。

他にもレイザービームのような兵器も開発されているとの噂もあります。

 

このように、世の中のために研究していたテスラの発明は、皮肉にも兵器として生まれ変わってしまったのです。

まとめ

テスラが世界を変えてしまうほどの発明家であった事は確かです。

ただいつの時代も、我々の生活より金儲けが重要とされるのです。

本当に世の中のための発明は、

今もなんらかの力によって抑えられてしまっているのかもしれません。

テスラメモ

テスラは実はオカルトにも興味をもっていて、宇宙人との交信にも成功していたという噂があります。

また、人類は宇宙人によって監視されているとも言っています。

テスラは、3・6・9という数字の意味を知れば宇宙へのカギを手にすることができる。

とも言っています。