赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

メニュー

世界を陰で操る秘密結社5選|上級国民しか知らない影の組織まとめ

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190608161426j:plain

 

世界経済は生き物のように絶えず活発に活動していますが、実は、その経済や各国の政府を陰で操つっている存在がいる。それが、イルミナティやフリーメイソンといった秘密結社です。

 

イルミナティやフリーメイソンの名前は聞いた事があるかと思いますが、彼らがどんなふうに誕生したかをご存知ですか?また、彼らの真の目的をご存知ですか?

 

 

そこで今回は、そんな表舞台ではめったに登場してこない”影の存在”について詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

フリーメイソン

f:id:ak6ark:20190608161500p:plain

 

この組織を語らずに秘密結社の話はできません。既知の事実ではありますが、軽くご紹介致します。

 

フリーメイソンは、地上最大最古の秘密結社。16世紀後半から17世紀初頭に設立されたと言われており、石工職人の集まりが起源だと言われています。

 

ただ、これは「近代フリーメイソン」の誕生を指している。実は、フリーメイソンが1723年に出版した歴史や通則などからなる 「フリーメーソン憲章」によると、フリーメイソンの起源は「アダム」だという。あの人類の起源でもあるアダムとイブの「アダム」だ。

 

当時は職人集団的な性格をもった組織だったのですが、時が経つに連れ、イギリスを中心に全く建築とは関係のない「エリート階級層」がフリーメーソンに加入してきた。

 

そしてこの頃から、フリーメーソンは職人集団から友愛団体組織に様相を呈していくことなります。

 

そして現在は、「自由」「平等」「友愛」「寛容」「人道」の5つを基本理念としている。友愛団体とゆうこともあり、チャリティーやボランティア活動などをしているようだが、実際はなにをやっているかなど具体的には謎が多い。

 

黒い噂も存在するが、これらの事は上級会員以外には知らされないという。※ちなみに、現在のリーダーも上級会員すらも正確にはわかっていない。

 

活動は世界各地にある「ロッジ」と呼ばれる所に集まって行われる。目的は不明だが、金融や政治に深く関わっているとも言われている。現在の会員数は約600万人以上。著名人も多数会員となっているようで、中でも、

 

・ウォルトディズニー

・ジョージワシントン

・モーツァルトなど

・ベンジャミン・フランクリン

・ダグラス・マッサーカー

 

と大金持ちでエリートと呼ばれる歴史上の人物もまたメンバーだったとされている。現在では、大手財閥であるロックフェラー家とロスチャイルド家も、フリーメーソンの中核的な存在であると言われています。

 

ちなみに、入会方法は会員の推薦が条件とされているという。

 

※フリーメイソンの今後の計画などについてはコチラの記事が参考になります。⇒【フリーメイソンの本当の計画!アルバート・パイクは噛ませ犬!?】

 

スカルアンドボーンズ

f:id:ak6ark:20190608161528j:plain

 

スカル・アンド・ボーンズは、アメリカで一番有名な秘密結社です。アメリカのイェール大学にある秘密結社で、ウィリアム・ハンティントン・ラッセルと、従兄弟のサミュエル・ラッセルが1832年に設立。

 

元は麻薬の密輸・売買を目的にしていましたが、メンバーも増えて規模が大きくなった今ではアメリカの政治や経済に多大な影響を与えていると言われています。

 

アメリカ大統領になったブッシュ、またその一族もスカル・アンド・ボーンズのメンバーだといわれている。ちなみに、スカル・アンド・ボーンズではメンバーの事を「ボーンズ」と呼ぶ。入会方法は、毎年15人をリクルートするという。

 

ただこの入会式が変わっているという。なんと、新入生は裸で棺桶に入れられ、その状態で今までの性の体験を打ち明ける。らしい。※実際にYouTube上にこの様子がアップされている。

 

Order of Nine Angles

f:id:ak6ark:20190608161721p:plain

※画像引用元はコチラ

 

1960年にイギリスで設立された悪魔崇拝組織。メンバーは少ないが、かなり過激な組織です。目的は、精神的、肉体的に限界を超越することでスピリチュアル面で成長することらしい。

 

活動内容は、三か月間森の中で過ごしたり、過酷な仕事をあえてするなど自分に負荷を掛ける事をするそうです。また、犯罪や暴力などを推薦していて、人を殺して生贄などにする。という噂もあります。

 

ボヘミアングローブ

f:id:ak6ark:20190608161511j:plain

※画像引用元はコチラ

 

イベントのような集まりで、毎年7月にカリフォルニア州にある「ボヘミアンクラブ」という施設で行われる社交パーティーと題した密会。メンバーは、権力者やエリートはもちろん、官僚、元大統領、イルミナティメンバー、俳優などが参加している。あのデイビット・ロックフェラーも参加していた。

 

密会が行われている最中は、ヘリコプターや警備員が厳重に管理していて中でなにが行われているかは不明。会議の内容は主に、

 

・政治問題

・国際問題

・環境問題

 

などといわれているが、完全に内容は非公開とされている。原爆開発の「マンハッタンプロジェクト」がここで計画された。との噂もある。また、生贄の儀式のようなことも行われている。などの情報もある。

 

イルミナティ

f:id:ak6ark:20190608161444j:plain

 

世界で暗躍している影の存在の中で最も有名なのが「イルミナティ」です。

 

1775年、インゴルシュタット大学の法学者であった「アダム・ヴァイスハウプト」によって設立された。

 

イルミナティは、当時は大学のサークル的な組織でした。当初は政治や哲学の理論について議論することが目的だったのですが、次第に「フリーメーソン的な思想」を帯びていくことになります。実は、アダム・ヴァイスハウプト自身がフリーメーソンのメンバーだったのです。

 

そして、イルミナティはアダム・ヴァイスハウプトの目指した理想的な思想(フリーメーソン的な思想)を、大学の学生達に教え教育させていき、当時の政治や社会に対する批判的な考えを植え付けていった。

 

その後、イルミナティにフリーメーソンのメンバーも参画するようになり、組織の規模は徐々に拡大していきました。

 

しかし、当時のバイエルン政府に目を付けられてしまい、イルミナティの集まりが禁止されることになり、僅か数年で組織は消滅した。

 

ただ、既にイルミナティの中にフリーメーソンのメンバーが多く含まれていた事から、消滅後は両者の結び付きが密接になっていった。

 

※アダム・ヴァイスハウプトはその後フリーメイソンの上層部まで上り詰めていき徐々に組織を立て直し拡大していったという噂も存在する。

 

よって、イルミナティとフリーメイソンの共通点は多く非常に近い存在となる。※フリーメイソンの中にイルミナティが存在している。もしくは、イルミナティの中にフリーメイソンが存在していると言える。

 

1789年に起きた「フランス革命」を裏から扇ぎ立て、国家転覆を画策していたのがイルミナティだったという噂が広まり、今の「陰謀論」が始まった。

 

現代では、金融やメディア政治などほぼすべてをコントロールしていて「人々を洗脳している」というのは有名な話だ。

 

イルミナティは宗教と科学の分離を説いてきた「啓蒙思想」の思想を持つ。

 

「啓蒙思想」は「光で照らされる」という解釈ができるのですが、これは宗教的な観点からすると、「ルシファー崇拝」と理解する人もいます。

 

※ルシファーは、かつて神の次に位置する熾天使(してんし)という天使の中では最も地位の高い天使長でした。しかし、彼は神に反旗を翻し反乱を起こします。しかし、神との戦いに破れ地獄に堕ちていくことになり、堕天使「ルシフェル=サタン」として、悪魔達の長として、今でも虎視眈々と神に戦いを挑もうとしているとされています。

 

この事から、イルミナティのシンボルマークはプロビデンスの目となっている。「すべてを見通す神の目」という意味になり、これは、「堕天使ルシファーの目」ともいわれています。

 

目的は新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)世界統一政府を創る事らしい。※ 新世界秩序については「人類奴隷化計画「新世界秩序」とは?」をご覧ください。

 

まとめ

今回は表面的な部分だけをご紹介しましたが、それぞれの組織には多数の噂や都市伝説があります。ただ、秘密組織というだけあって確信を突く情報は一切ありません。善なのか悪なのかさえもわかりません。一つだけ言えるとしたら、秘密組織は確かに存在する!といことでしょうか。

 

ちなみに、アメリカのデンバー国際空港には、イルミナティやフリーメイソンの何かが隠されていると言われている。実際にシンボルが彫られた彫刻なども存在しています。

 

デンバー国際空港には地下空間が存在していて、デンバー国際空港の本来の目的は空港ではなく、イルミナティやフリーメイソンなどのエリートのための「地下シェルター」ではないか?という説も存在する。