赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

MENU

世界の立ち入り禁止区域!世界が隠す秘密の場所まとめ

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190706184615j:plain

 

世界中には立ち入ってはいけない「立ち入り禁止」エリアが数多く存在します。

立ち入り禁止エリアのほとんどは、危険なため立ち入り禁止とされているが「中には秘密が隠されている」なんて噂がある場所も存在します。

 

 

今回はそんな謎に包まれた世界の立ち入り禁止エリアをご紹介致します。

 

エリア51

f:id:ak6ark:20190706184842j:plain

※画像引用元はコチラ

 

アメリカのネバダ州にある米軍の軍事基地。

「宇宙人が運ばれた」と噂されるこの施設の存在は、2013年まで公式に発表されていませんでした。

この施設には様々な都市伝説や陰謀説がありますが、今回はこのエリア51がどれほど厳重に守られているかご紹介致します。

まず、この施設に遊び感覚で近づいたら射殺されます。

実際に「無断侵入者は射撃される」などといった警告看板が周辺に数多く存在します。

エリア51の周辺では、雇われている特殊警備隊が常に監視の目を光らせています。

また、周辺には動物と人間を瞬時に見分けるほどの監視カメラが多数設置されていて、さらには上空も飛行禁止エリアとなっています。

ただそんな危険なエリア51ですが、内部の秘密を知ろうとする挑戦者が後を絶たないそうです。

なんと、月に2~3人は逮捕者が出ていると言います。

シオンの聖マリア教会

f:id:ak6ark:20190706185151j:plain

※画像引用元はコチラ

 

エチオピアで最も重要な教会である。

伝説によると、この教会の礼拝堂には、あの旧約聖書に登場するモーセの十戒が刻まれた石盤を納めたとされる箱「契約の箱」が安置されているという。

しかし中に入ることができるのは、教会によって選ばれたたった一人の番人のみ。

「アークの番人」と呼ばれる1人の修道士以外は礼拝堂に入ることが許されていないのです。

アークの番人が教会を離れることはなく、死ぬまでお香を炊いて人生を過ごすというのです。そして死ぬ前に次の後継者を指名する。

ソロモン王の時代から今日までそうして一人の番人によって守られてきたというのです。

この教会内に立ち入る事は禁止されているため、研究者たちは「契約の箱」が本物かどうか確かめることができないと言う。

しかし「ティムカット」という年に1度のお祭りの日には、「契約の箱」が人々の前にその姿を現します。

ケイマーダ・グランデ

f:id:ak6ark:20190706185351j:plain

※画像引用元はコチラ

 

面積43万平方メートル、ブラジルの海岸から約30キロ離れたところにある小さい島。

別名「スネークアイランド」と呼ばれるこの島は、5000匹以上の蛇が生息しているという。

天敵がいないため、繁殖し続けた結果、1平方メートルに1匹から5匹という過密状態となった。

この島には、南米最悪の蛇「ゴールデン・ランスヘッド・バイバー」という致死率90%という即効性のある毒液をもっている蛇が生息している。この蛇に噛まれると傷のまわりの肉が溶けてしまうという。

かなり危険な島なので、上陸するにはブラジル政府の許可が必要だという。

バチカン秘密文書保管所

f:id:ak6ark:20190706185509j:plain

※画像引用元はコチラ

 

17世紀にバチカン図書館から独立した建物で、古いものでは1000年以上前の秘密文書などが保管されているという。

その中には、

・13世紀にチンギス・カンの孫が教皇に服従を求めた書簡

・16世紀のスコットランド女王メアリーの嘆願書

・ガリレオの異端審問の記録

・ピウス12世が昭和天皇から受け取った手紙

など、外交関係の記録なども保管されているようだ。

だが、具体的にどういった資料が保管されているかは不明とされている。

噂では、キリストに関する秘密文書や宇宙人に関する秘密が隠されている。などとも言われている。

設立当初は教皇庁内部のごく限られた人々のみが閲覧できたが、1881年には限られた研究者にも一部を公開されるようなった。

また一部ではあるが、秘密文書保管所のホームページでも公開されている。

もちろんここは一般人が立ち入る事ができない禁止エリアとなる。

 

伊勢神宮

f:id:ak6ark:20190706185641j:plain

※画像引用元はコチラ

 

天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受大御神 (とようけのおおみかみ)を祀る伊勢神宮。

三重県にある日本でトップクラスの神聖な場所。

伊勢神宮の正宮には一般人が内部に入ることは出来ません。

三種の神器の一つ、八咫鏡(やたのかがみ)の保管場所であるとされ、限られた神職や皇族でなければ立ち入れないという規律が存在する。

また、さらにその奥の「御正殿」と呼ばれる場所は皇族でも立ち入りを禁止されているという。

ご神体などがあるとされているが、詳細は不明とされている。

メトロ-2

f:id:ak6ark:20190706185808j:plain

 

ロシアの首都モスクワの地下には「もうひとつの地下鉄」が通っているのではないかと言われている。

これはモスクワ市民の間で「メトロ-2(第2メトロ)」と通称されているもので、首都モスクワの地下鉄と並行して、もしくはそれより拡大して走っていると噂されている秘密の地下鉄だ。

かつてのソ連政府の高官経験者も「メトロ-2」が存在することを認めているという。

ただ、公的な情報は無いに等しく、現在知られている目撃情報などの真偽は定かではない。

中には、地下鉄(メトロ2)でしか行けない隠された秘密の町がある。などという夢のような噂もある。

地下鉄と言う事もあり、本当に存在しているのか立ち入って確認することは不可能だ。

ラスコー洞窟

f:id:ak6ark:20190706185912j:plain

※画像引用元はコチラ

 

パリから約500㎞南にあるモンティニャック村近くにある洞窟。

約二万年前の旧石器時代に描かれた900以上の壁画が発見されたことで有名。

発見当時、多くの観光客が押し寄せてしまい、彼らの吐く二酸化炭素によって壁画の劣化を早めてしまった。

壁画の保存が危ぶまれたため、1960年代から立ち入り禁止となった。

現在ではごく一部の研究者のみがこの洞窟に入ることを許されているという。

1979年に世界遺産に登録された。

ラスコー洞窟の壁画には、宇宙人らしき壁画も確認されている。

北センチネル島

f:id:ak6ark:20190706190052j:plain

※画像引用元はコチラ

 

インドの東に位置する小さな島。文明を拒否し続けるというセンチネル島。

この島の時代は石器時代で止まっているという。

彼らの人口は40~400百人とされ、外の世界と接する事がなく自給自足している。

主な食料は、野生の植物や獣だという。

彼らは異常なまでに凶暴で、島に近づく者に対しては容赦なく弓矢や槍などで攻撃してくる。

過去には、ドキュメンタリー番組のスタッフが足を弓で抜かれたという事例があります。他にも、近くで違法漁業をしていた二人が殺害されてしまった事もありました。

遺体を回収しようとしたヘリコプターまでも攻撃されたというのですから、彼らの凶暴性が異常である事がわかりますね。

彼らの話す言語から、彼らは数千年もまともに外の世界と交流していないという。

過去には何度か研究者が訪れましたが、感染病の危険や彼らの生き方を尊重するため、現在では誰も接触はしていないようです。

まとめ

世界中の色々な所をご紹介致しましたが、立ち入り禁止エリアではなく、主に危険なエリアになってしまいました。

最初に紹介したエリア51もそうですが、本当の立ち入り禁止エリアは言うまでもなく政府関係の施設です。

衛星通信施設、核研究センター、軍事施設はもちろん立ち入り禁止エリアです。

侵入を試みた者は即逮捕、拘束、刑事起訴されるので立ち入る場合は十分注意して下さい。