赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

メニュー

日本で起きた不可解な未解決事件&誘拐事件5選|犯人未逮捕・未解決事件まとめ

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20220210161257j:plain

 

犯罪率がとても低いといわれている日本ですが、実は不可解で残虐な殺人事件は日本でも数多く起きている。未だ犯人が捕まっていない未解決な事件も多く、中には遺族の無念を残したまま時効を迎えたものも多いのです。

 

 

今回はそんな未解決で不可解な事件をいくつかご紹介したいと思います。それでは、さっそく見て行きましょう。

 

世田谷一家殺害事件

f:id:ak6ark:20220210161402j:plain

※画像引用元はコチラ

 

事件の名前を1度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。さまざまな事件のなかでも残忍すぎる犯行に日本中が注目した「世田谷一家殺害事件」です。事件が起きたのは21世紀を目前にした2000年の12月30日の夜間から31日の未明に掛けてでした。この日、8歳と6歳の子供を含む、一家4人が刃物でめった刺しにされて殺害されました。

 

幼い子供が2人も殺害されている事から残忍極まりない事件としてメディアに取り上げられましたが、未だに犯人は捕まっていません。犯人は4人を殺害した後に自宅に留まっており、パソコンを触ったりアイスを食べたりと、犯人の異様な行動も明らかになっています。犯人の靴の跡や指紋なども発見されているのですが、なぜか犯人は捕まっていません。

 

遺族は事件解決を望んで事件が起こった自宅を残していましたが、老朽化のため2020年に取り壊しが決定し、事件の真相はますます迷宮入りになると囁かれています。こちらの記事では⇒【未解決事件「世田谷一家殺人事件」の真相】この事件の真相に迫っておりますのでご確認下さい。

 

スーパーナンペイ射殺事件

f:id:ak6ark:20220210161540j:plain

※画像引用元はコチラ

 

事件が起きたのは、東京都八王子市のスーパーナンペイ大和田店でした。1995年7月30日、その日、地元の町ではお祭りが行なわれており、スーパーにはいつもよりも多くのお客が訪れていた。

 

事件が起きたのは閉店後でした。スーパーで働いていた女性従業員3名がスーパーの二階の事務所で銃殺されたのです。売上金目当ての強盗だと思われたものの、事務所にあった金庫には開けようとした形跡はありませんでした。

 

また、アルバイトの女子高生は粘着テープで口をふさがれ、手を縛られた状態で至近距離から拳銃で頭を撃たれていました。パートの女性は縛られてはいないものの、殴りつけられた後殺害されています。これらのことから警察は怨恨による犯行で捜査を行いました。

 

その殺害状況からも、犯人は銃の扱いにかなり慣れている人物であると推測されていますが、未だに不可解な未解決事件となっています。また、犯人の足跡や指紋の一部が粘着テープに付着していたのですが、やはり未だに犯人逮捕には至っていません。

 

便器内怪死事件

f:id:ak6ark:20220210161643j:plain

 

事件が起きたのは平成元年2月28日。福島県の山間の村にある教員住宅のトイレでした。村の小学校に勤めている女性教員が教員住宅のトイレを利用しようと、ぼっとんトイレの中を覗いたところ、靴のような物体が見えました。外にある汲み取り口に確認しに行くと、汲み取り口の蓋が開いており、その物体が人間であることが判明しました。

 

便槽を取り壊して人物を引っ張り出したものの、その人物は上半身裸の状態で既に死亡していました。解剖の結果、死因は凍死とされており、便槽に入ったときにはまだ息があったとされています。死亡したのはこの村に住む音楽が好きな青年でした。

 

警察は事件ではなく覗きを目的に便槽に潜入して出られなくなって死亡してしまった事故死として処理しましたが、事故にしては不可解なことが多いとして疑問の声があがっています。ただ、その後最調査をされることはなく、未だに事件だと考えている人も少なくない不可解な事件となっています。

 

伊勢市女性記者行方不明事件

f:id:ak6ark:20220210161720j:plain

※画像引用元はコチラ

 

1998年の11月、三重県の伊勢市で記者として活躍していた女性が行方不明となった。夜遅くまで仕事をしていたという目撃情報が最後で、未だに行方不明の未解決事件となっています。

 

この女性記者は当時、三重県にある「別名:売春島」と呼ばれている島の取材を試みており、闇の組織に殺害されたのではないかと噂されています。性に乱れた島の実態が世の中に明るみにならないように殺害されたという独自の見解を持つ人も多いのですが、記者の死体すらも見付かっていない為、真相は闇の中となっている。※ちなみに、現在の売春島は安心で安全な街づくりを宣言していて、風俗島のイメージを払拭しようとしていますが、現在はどんどん廃墟化が進んでいるそうです。

 

水曜日の絞殺事件

f:id:ak6ark:20220210162009j:plain

※警察が公開した犯人の似顔絵

 

1975年から1989年の間に佐賀県で起きた7件の殺人事件です。11歳から50歳の女性が7名、被害者は7人中6人が水曜日に失踪していた。発見された遺体は、5件が絞殺、2件は既に白骨化していたと言います。被害者が主に水曜日に失踪していたことから、水曜日の絞殺事件と呼ばれています。

 

容疑者はすぐに浮上し犯人はすぐに逮捕されたのですが、裁判の結果、その人物は「無罪」となりました。それから真犯人の再捜査が行われましたが、現在でも真犯人は捕まっておらず不可解な残虐未解決事件となっています。

 

まとめ

安全な日本でも奇怪な事件は多数起こっており、未解決の事件も多数存在します。なかには政治家や警察に隠蔽されている事件がある。などという噂が囁かれているものもありますが、真相はわかりません。ただ言える事は、他国から見ると犯罪件数が少ない日本ですが、その残虐性は非常に高いという事でしょうか。