赤ノ録

財宝伝説や都市伝説を中心にご紹介致します。

赤ノ録

MENU

アノニマス「世の中の99%は家畜」と警告!エリートが世の中をコントロール

スポンサーリンク

f:id:ak6ark:20190609180040j:plain

 

家に帰ったらすぐにテレビを付ける。なんて方も多いと思います。

休みの日は何も考えずに一日中テレビを見て過ごす。なんて場合もあると思います。

ですが、その行動自体が仕組まれた洗脳だったとしたらどうでしょうか?

そんな日々に警鐘を鳴らす組織が存在します。それが、アノニマス。

 

 

今回はこのアノニマスについてご紹介致します。

 

ハッカー集団「アノニマス」とは?

アノニマスとは、ネット上に存在する国際的なハッカー集団のことです。主な活動は、政府や組織企業などにハッキングして、隠された情報などを流出しています。

 

アノニマスには特定のリーダーは存在しません。

 

犯罪集団ではあるが、市民の味方と言われています。現代版の石川五右衛門のような存在ですね。ちなみに、石川五右衛門とは権力者や豪族の屋敷ばかりを狙い、くすねた盗品を貧しい庶民にばらまいていたというヒーローです。

アノニマスからの警告

アノニマスは、ハッキングなどで知り得た情報を元に人類へ警告動画を公開しています。

※YouTube上に警告動画があります。

警告1.1%のエリート

皆さんの生きている世の中は、1%のエリートによって99%の庶民は家畜となっている。

1%のエリートは、貧乏人から金を奪い無駄遣いをさせ、さらにそのような状況になっている事を気づかせないように洗脳し管理している。

警告2.経済システム

エリート達はある一部の人間しか成功できないような経済システムを作り上げた。

 

警告3.作り上げた世界

学校や教育は皆さんを洗脳するためのものだ。無駄な知識や時間の拘束を目的としている。

卒業する事には、エリート達が作り上げた世界の家畜となっている。

自分が狭い世界にいる事に気がつかないほどに洗脳されている。

警告4.洗脳ツール

テレビやメディアは洗脳ツールだ。現実を見ないよう皆さんを画面の中の世界に閉じ込めている。

また、皆さんを誤った方向に向けさせるツールでもある。特定の思想や考えを植え付けているだ。

 

テレビだけではない、スポーツ、ゲーム、映画などの娯楽をばら撒く事も真実から目を逸らさせるためだ。

※戦後の日本でも導入された「3S政策」と同じ。「3S政策」とは、政治や世の中の出来事に関心を向けさせないための政策。スクリーン、スポーツ、セックスのSだ。

警告5.争わせている

人間という点では皆同じはずなのに、エリートは人々を引き離そうとしている。

宗教や人種、学歴や収入などで争わせているのだ。

貧困層と中間層が夢中で競争している所を、エリート達は安全な場所から眺めている。

アノニマスからの助言

では、我々はどうすればいいのか?アノニマス曰く、

 

一人で考える時間を大切にしろ!

 

もっと意識的に行動しろ!

 

周りに流されるな!

 

仲良くしろ!争いはなにもいい事がない!

 

以上

まとめ

だいぶ要約したが、アノニマスが言いたい事はなんとなく理解頂けただろうか。

エリートは自由で創造性のある市民はいらないのだ。エリートが世の中をコントロールするためには、忙しく働いて服従してくれる真面目な人間が必要なのだ。

そんな世の中で自分を見つける方法は、子供のように意識的に行動して好きな事を見つけ追及すること。

思い出してほしい。子供の事はクリエイティブで好きな事をしていたはずだ。

現在「不登校YouTuber」なる人物が話題となっているが、もしかするとアノニマスの一番理想に近い人物像なのかもしれない。